空き家購入検討者(所有者)が知っておくべき固定資産税の話

空き家購入検討者(所有者)が知っておくべき固定資産税の話1

本日は、古家(空き家)を購入される際に必要な知識、所有者であれば知っておかなくてはならない税金のお話です。

固定資産税とは?

家主を目指して、中古物件を購入した時に、支払うお金の種類を知っておきましょう。購入物件の取引代金、仲介手数料、司法書士の費用、固定資産税等の精算金があります。後日ですが、不動産取得税。

要するにどんな税金なの?

固定資産税・都市計画税の税額は、毎年1月1日時点の所有している人が、支払の義務を課されています。

購入物件(中古住宅)の取引においては、売主さんがその物件の固定資産税等の税金を支払っていますから、決済の時点でその精算をすることになるのです。

精算日の起算日を4月1日として、売主と買主とのそれぞれの負担額を納税通知書の年税額を日割り按分して精算をするのが一般的のようです。

家主業(不動産所得者)は、2種類の支払いがある事に注意

全古協の皆さんは、家主業(不動産所得)の方達ですので、注意点をお話ししておきます。

不動産所得の計算上、土地及び建物の勘定に計上する支払いと経費にする支払と、二種類あるということです。

1.土地及び建物の勘定に計上しなければいけない支払

  購入物件の取引代金、仲介手数料、固定資産税の精算金です。

2.土地及び建物の勘定に計上してもよい支払

  司法書士に支払う費用(登録免許税を含む)、不動産取得税

1.は、強制資産計上です。

ただし、2.は、選択が可能なのです。

この判断は、皆さんの家主業としての目的(目標)によって、流動的な判断をすることになります。

固定資産税評価額と課税標準額について

固定資産税等の通知書(市役所の税金)のお話ですが、固定資産税評価額と課税標準額の2種類の金額が表示されています。

固定資産税評価額は、土地建物の評価(時価のおおむね70%)であり、課税標準額は、固定資産税の税金を計算する基本になる数字です。

皆さんが毎年支払う固定資産税は、課税標準額から計算された税金と言うことです。


POST: 2015.11.11

関連情報
2019.07.29 老後2,000万円不足問題を古家再生不動産投資で解決する方法とは?
2019.01.7 古家再生士Ⓡが「空き家・古家再生」で使うオリジナル機能性塗料とは?
2017.06.13 【融資で空き家・古家購入をお考えの方へ】理事長が教える金融機関の選び方と3つの条件について
2017.06.10 6月25日開催!空き家を買って、不動産投資で儲ける! の三木章裕氏登壇!スペシャルセミナー告知!
2017.04.17 相続した家を賃貸物件にする事は損する?それとも得する?
2017.04.12 【2017年度版】大阪府の空き家バンクの現状を解説
2017.04.9 相続した家を売りたくても売れないのはなぜ?このままでは空き家に・・・
2017.03.30 実家の戸建てを相続した時に確認する3つのこと
2016.10.31 株から不動産投資に代えようしている方必読!不動産投資の落とし穴!
2016.10.30 借地の不動産こそ買い!これぞ空き家(古家)再生投資の醍醐味!
2016.10.11 都市部(東京・大阪・名古屋)の空き家が多い理由
2016.07.3 【空き家再生費用が丸見え】実際にいくらかかるの?が解る勉強会開催!
2016.06.23 不動産投資は、情報ではなく、経験が大事!
2016.06.17 新入社員でも大家になれる古家再生投資!
2016.06.13 親から物件を相続!その相続物件の驚きの活用方法とは?
2016.02.29 【無料動画公開】空き家を買って、不動産投資で儲ける![三木章裕:著]
2015.10.29 古家再生不動産投資でやってはいけないこと ver.1