空き家投資のポートフォリオでリスク分散しませか?

こんにちは。一般社団法人 全国古家再生推進協議会 理事長の大熊重行(おおくま しげゆき)です。本日のお話は「空き家投資のポートフォリオ」についてです。

それでは参りましょう。

空き家投資のポートフォリオでリスク分散

ポートフォリオとはリスク分散という意味ですが、「収入」がひとつの収入だけでは、これからの時代、世の中がどんどん変わっていく中ではリスクが非常に高いですよ、というお話です。色々な形の収入を用意しておく方が、リスク分散になります。このようなことは色々なところでお話ししているのですが、その一つに、空き家投資があります。今日はこの空き家投資の中でのポートフォリオ、リスク分散とはどういうことかを説明したいと思います。

土地の種類を分散させる

まずは、「土地の種類」について。
投資をしていると、実に色々な土地があります。設造してないから再建築不可ですとか、あるいは借地みたいなものもあったり、色々な道の繋がり方があったりします。また田舎だったり、都会であったり、土地の違いは、それぞれに良し悪しがあります。

やはり再建築不可という土地は非常に安く買えて、収益を高めやすい反面、リスクは高いとか、出口が安くなる可能性があるとか、売れにくいなどもありますので、良い悪いというのはそれぞれだと思うのです。
例えば、再建築不可の物件があったとします。しかし、一方では担保に入れられる非常に資産性の高い物件を持っていて、こちらにもまた違うものも持っているというように、色々な種類の土地を持っている方が、リスク分散になるのではないかと思っています。

例えば、土地でいえば再建築不可の二項道路とか、(テロップ:違い化強制区域?)市街化調整区域とか、位置指定道路とか色々ありますが、それぞれに良し悪しがありますね。良いものは高いということです。利回りが高い、低いとかもありますので、それを分散して買うという事が良いのではないかと思います。

建物の種類を分散させる

そして「建物の種類」。
これは特に関西で言えばテラスと呼ばれる長屋が多かったり、あるいは、細長い3階建てだったり、地方に行くと、土地がかなり広くて家が小さめとか、平屋であるとかがあります。それぞれに、地震の影響を受けやすい、受けにくいとか、建物自体がしっかりしっかりしている、していないとか、色々あると思います。

例えば、平屋だと安く買えるという事もありますし、逆に今であれば高齢者の方が入りやすいとか、メリット、デメリットも踏まえて、ここも色々な種類を持っていた方がリスク分散になります。

そして、空き家の知識が豊富になると思います。空き家の資産活用の仕方を変えたり、それを入れ替えるなど、得た知識の中からできるようになりますので、ここも色々なことを実践する方が良いポートフォリオになると思います。

地域を分散させる

そして「地域」。例えば大阪、東京、北陸とか、色々なところで土地や不動産を持っているのが理想です。やはり昨今は何が起こるかわかりませんので、どこであっても大きな災害があるかもしれない。東京も、大阪も、北陸もそうかもしれない。地震もあるかもしれない。それを言い出すと、もうどこで何があってもおかしくないですよね。

昔「日本沈没」という映画がありましたが、日本全部が全部沈むということはないので、やはりこの地域を分散しておく自体がやはりリスクヘッジになると思います。

何年か前に関西でも大きな台風の被害を受けました。元々関西は、台風災害は少なかったのですが、それでも来た時には大きな被害になりました。屋根が飛んだり、瓦がもう足りなくなってしまったり。その時でも、大阪では被害があったけれど、関東では全く影響ありませんでした。北陸であっても、北陸は元々地震などの災害リスクが少ないことから、火災保険が安かったりします。そういうことも踏まえて、地域を分散しておくということは、非常にリスクヘッジになりますし、チャンスにつながることもあると思います。

例えば地方で北陸であれば、新幹線が通ったことにより、土地とか価値とかが上がったりすることもありますし、色々なことでリスク分散になります。

空き家再生投資で経験を積む

「土地の種類」、「建物の種類」「地域」といったところで、色々な経験をしてもらうことが、この空き家活用、空き家再生投資という意味では面白いと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。今回のブログの内容は、動画でも詳しく解説しています。そちらもぜひご覧ください。


POST: 2021.03.6

関連情報
2021.03.6 貯金を殖やしても楽にならない理由とは?資産を持つことのススメ
2021.03.6 不動産投資の難易度をグラフで解説!狙い目の物件は?
2021.02.14 空き家・古家再生は「7つの習慣」から学ぶ【予告編】
2021.02.14 【解説】儲かる!空き家再生リフォームとは?
2021.01.21 コロナショックから考える空き家・古家不動産投資への影響
2021.01.17 なぜ?儲かる空き家物件の情報が表にでないのか?
2021.01.13 【簡単3ステップ】老後の年金を家賃収入でつくる方法とは?
2020.09.18 特に女性に「古家・空き家不動産投資」をオススメする3つの理由
2020.04.3 空き家・古家再生不動産投資でやってはいけないこと
2019.07.29 老後2,000万円不足問題を古家再生不動産投資で解決する方法とは?
2019.01.7 古家再生士Ⓡが「空き家・古家再生」で使うオリジナル機能性塗料とは?
2017.06.13 【融資で空き家・古家購入をお考えの方へ】理事長が教える金融機関の選び方と3つの条件について
2017.06.10 6月25日開催!空き家を買って、不動産投資で儲ける! の三木章裕氏登壇!スペシャルセミナー告知!
2017.04.17 相続した家を賃貸物件にする事は損する?それとも得する?
2017.04.12 【2017年度版】大阪府の空き家バンクの現状を解説
2017.04.9 相続した家を売りたくても売れないのはなぜ?このままでは空き家に・・・
2017.03.30 実家の戸建てを相続した時に確認する3つのこと
2016.10.31 株から不動産投資に代えようしている方必読!不動産投資の落とし穴!
2016.10.30 借地の不動産こそ買い!これぞ空き家(古家)再生投資の醍醐味!
2016.10.11 都市部(東京・大阪・名古屋)の空き家が多い理由
2016.07.3 【空き家再生費用が丸見え】実際にいくらかかるの?が解る勉強会開催!
2016.06.23 不動産投資は、情報ではなく、経験が大事!
2016.06.17 新入社員でも大家になれる古家再生投資!
2016.06.13 親から物件を相続!その相続物件の驚きの活用方法とは?
2016.02.29 【無料動画公開】空き家を買って、不動産投資で儲ける![三木章裕:著]
2015.11.11 空き家購入検討者(所有者)が知っておくべき固定資産税の話