【解説】マクロ経済を空き家活用の専門家の観点から考える

こんにちは。一般社団法人 全国古家再生推進協議会 理事長の大熊重行(おおくま
しげゆき)です。本日のテーマは「マクロ経済を空き家活用の専門家の観点から考える」についてです。それでは参りましょう。

アメリカの動向

タックスヘイブン:租税回避地問題について、見聞きしたことのある人は多いでしょう。カリブ海の島国で無税の国があり、世界中の富裕層がそこに口座を持っている…というような。

しかし意外と知られていないのが、本当の租税回避地はアメリカに集中しているということです。世界136ヵ国の国と地域が法人税の最低税率15%を設定する国際課税の枠組みを作り、租税競争を抑制しようと試みています。タックスヘイブンにも網がかけられていく方針です。そんな中でアメリカ国内の租税回避地についても注目が集まっているのです。

トランプ政権時代には国際課税問題の協議から遠ざかっていたものの、バイデン政権に移行したことで再度交渉が加速することになったのですが、パナマ文書と似たような報告書は定期的に出されていて、その中で相続税が無いアメリカのサウスダコタ州で信託会社が保有する資産が過去10年で4倍の36兆円にまで急増していた事が明らかとなりました。1983年に信託財産に関する法律が改正されたサウスダコタ州では、匿名性が高まったことで税逃れが容易になった事が確認されています。

そうした信託の法律の自由度が高い世界20地域のうち、17地域は米国の中に存在するとする論文も発表されています。

アメリカ国内の租税回避地として有名なのはデラウェア州です。州外の利益には課税されない、海外子会社の利益には課税されないなど、グローバル企業やファミリー企業にとっては有利な制度設計になっており、デラウェア法人を保有しているという話はよく聞くものです。

国際課税が議論になればなるほど、世界一の大国であり、法人税の流出額が世界一とされ、世界で最も租税回避地があるとも言えるアメリカの動向は重要になってきます。

突拍子もない話に聞こえるでしょうが、こうした動きは確実に経済に影響を与え、投資マネーがどこに向かうかにも影響を与えてくるでしょう。

現金、物価…

世界的にATMが減少傾向にあります。現金を使用する機会が少なくなっているだけでなく、現金を使用・保有するコストも増加していくでしょう。

例えば、ゆうちょ銀行は2022年1月からATMで硬貨を入金する際に手数料を取る方針を打ち出したように、銀行の経営がそもそも厳しい中において現金の管理コストを吸収できるだけの余力はないのです。現金の管理コストはこれからもどんどん高くなっていくでしょう。そもそもATMで硬貨まで入金できるのは日本くらいで、そうしたところの技術力やサービスの良さは嬉しいものではありますが、逆に大きな変化に対応していけないというデメリットも存在するということです。

また、世界的にインフレが起こっています。コロナによって世界的に巨額の財政出動が行われ、規制解除によって需要が増大しているからです。各国の金融政策もそれを如実に表しています。2020年に世界38カ国のうち、利上げ9カ国、利下げ1カ国という状況だったのが、2021年には利上げ23カ国、利下げ8カ国となっています。

2022年現在は、さらにインフレが加速しています。2022年の2月に始まったウクライナ侵攻も相まって、原油などのエネルギー高によるコストプッシュが追い討ちをかけています。そうした中で、特にアメリカなどがインフレを抑え込むために金利を上げていくとどうなるか。通貨間の金利に差ができると為替に影響してきます。

例えば、日本はずっと金利を上げて来なかったので、アメリカの金利が上がると金利差ができて日本円が売られてドルが買われる円安ドル高につながるのです。新興国だともっと悲惨で、景気が良かろうと悪かろうと、自国通貨が暴落すると経済に悪影響を及ぼす度合いが高いため、利上げせざるを得なくなります。

日本の特異な点

そんな中、日本でも消費者物価が2%を超える上昇を示していますが、諸外国の8%といった数字と比較すればまだまだ抑えられている方だと言えます。しかし企業物価では海外の水準に近くなっていることから、無理やり吸収しているとも考えられますし、諸外国のようにインバウンドや規制解除など戻り切らない需要が原因であるかもしれません。日本はそうした特異な点がいくつか存在する国です。コインで入金できるATMも日本の特殊な状況と言えるでしょう。

まとめ

こうした社会のマクロな変化というものに目を向けることも時には必要です。空き家再生投資はテクニックが必要ですが、社会の大きな波を見ることもまた、今後の投資戦略を考える上で非常に重要です。今回ご紹介したものを見る限り、株式ではなく現物資産に資金が集まってくる傾向にあるようです。今後もそうなるようだと空き家投資の利回りは減少していくことになるでしょうから、早めの勉強と取得が重要になってくるかもしれません。

以上説明した内容については以下動画でも解説しています。
良かったら以下よりご覧ください。
https://zenko-kyo.or.jp/youtube/8013-2/


POST: 2022.09.20

関連情報
2022.10.2 【ノウハウ】物件に最短で入居者をつける方法とは?
2022.10.2 【解説】大家業で“若返るストレス”を獲得する方法
2022.08.31 【解説】飲食店経営者のための空き家古家再生投資とは?
2022.08.25 【解説】工事費の高騰がもたらす空き家再生投資への影響とは?
2022.08.25 【解説】家賃収入で老後の年金を作るための簡単3ステップ
2022.05.31 【注目】空き家投資で注目されている熊本が熱い理由とは?
2022.05.31 【保存版】空き家投資、実質利回りの算出方法とは?
2022.05.21 【重要】借金をせずに1億円の資産を確実につくる再現性100%の情報
2022.05.9 いよいよ突入したインフレ時代に備えるための空き家投資について
2022.05.9 空き家でも人気物件になる「機能○○」について
2022.04.18 【解説】「人生100年時代の鍵を握る空き家再生投資」について
2022.04.12 【解説】「不動産業界の全体像を知ることの大切さ」について
2022.03.17 【解説】書籍「儲かる!空き家・古家不動産投資入門」について
2022.03.17 【解説】三国志から学ぶ経営戦略と不動産事業について
2022.03.16 【解説】大人気の「空き家・古家物件見学ツアー」とは?
2022.03.1 【解説】新規事業と空き家再生投資の共通項とは?
2022.02.16 【解説】マイナスの塊である空き家…。それでも投資をする理由とは?
2022.02.14 【解説】空き家再生投資で成功するための、適切なリスクの取り方とは?
2022.02.9 【解説】サバンナ思考で考える空き家・古家再生投資の成功法則とは?
2022.02.5 【解説】多様な働き方への変化がもたらす空き家投資の新たなチャンス
2021.12.11 【解説】空き家再生投資でDIYをしてはいけない理由とは?
2021.12.9 専門家が教える「空き家投資で利回り25%超えをする方法」とは?
2021.11.25 税優遇の取り消しが引き起こす新たな空き家投資のチャンスとは?
2021.11.7 【新事実】これからの市場を動かす!「眠る空き家」とは?
2021.10.16 アフターコロナに備えよ!民泊ブームに乗る方法とは?
2021.10.14 【理事長が解説】空き家・古家再生のエキスパート「古家再生士Ⓡ」とは?
2021.10.4 【保存版】空き家再生投資での管理会社の選び方
2021.09.24 【危険?どんな人?】空き家投資で失敗する人の5つの特徴とは?
2021.09.17 【どんな人?】空き家物件を1軒も買えない人の5つの特徴とは?
2021.08.10 【恐怖!?】空き家投資用の物件を購入する時に気になる「事故物件」について詳しく解説
2021.08.5 空き家投資と法人設立|お得なのはどっち?〜法人の種類や運用法についても解説〜
2021.03.6 空き家投資のポートフォリオでリスク分散しませか?
2021.03.6 貯金を殖やしても楽にならない理由とは?資産を持つことのススメ
2021.03.6 不動産投資の難易度をグラフで解説!狙い目の物件は?
2021.02.14 空き家・古家再生は「7つの習慣」から学ぶ【予告編】
2021.02.14 【解説】儲かる!空き家再生リフォームとは?
2021.01.21 コロナショックから考える空き家・古家不動産投資への影響
2021.01.17 なぜ?儲かる空き家物件の情報が表にでないのか?
2021.01.13 【簡単3ステップ】老後の年金を家賃収入でつくる方法とは?
2020.09.18 特に女性に「古家・空き家不動産投資」をオススメする3つの理由
2020.04.3 空き家・古家再生不動産投資でやってはいけないこと
2019.07.29 老後2,000万円不足問題を古家再生不動産投資で解決する方法とは?
2019.01.7 古家再生士Ⓡが「空き家・古家再生」で使うオリジナル機能性塗料とは?
2017.06.13 【融資で空き家・古家購入をお考えの方へ】理事長が教える金融機関の選び方と3つの条件について
2017.06.10 6月25日開催!空き家を買って、不動産投資で儲ける! の三木章裕氏登壇!スペシャルセミナー告知!
2017.04.17 相続した家を賃貸物件にする事は損する?それとも得する?
2017.04.12 【2017年度版】大阪府の空き家バンクの現状を解説
2017.04.9 相続した家を売りたくても売れないのはなぜ?このままでは空き家に・・・
2017.03.30 実家の戸建てを相続した時に確認する3つのこと
2016.10.31 株から不動産投資に代えようしている方必読!不動産投資の落とし穴!
2016.10.30 借地の不動産こそ買い!これぞ空き家(古家)再生投資の醍醐味!
2016.10.11 都市部(東京・大阪・名古屋)の空き家が多い理由
2016.07.3 【空き家再生費用が丸見え】実際にいくらかかるの?が解る勉強会開催!
2016.06.23 不動産投資は、情報ではなく、経験が大事!
2016.06.17 新入社員でも大家になれる古家再生投資!
2016.06.13 親から物件を相続!その相続物件の驚きの活用方法とは?
2016.02.29 【無料動画公開】空き家を買って、不動産投資で儲ける![三木章裕:著]
2015.11.11 空き家購入検討者(所有者)が知っておくべき固定資産税の話