【取材】空き家投資で過去、最高に有難かった話とは?

こんにちは。一般社団法人 全国古家再生推進協議会 理事長の大熊重行(おおくま
しげゆき)です。本日のテーマは「空き家投資で過去、最高に有難かった話」についてです。それでは参りましょう。

記憶に残っている失敗したこと

当協議会では空き家再生投資に関する情報を常日頃発信しています。今回は、前回に引き続き当社団法人の認定再生士である濱村さんをお招きしてやり取りを抜粋しつつ、神戸ツアーの特徴や雰囲気をお伝えしていきます。

空き家古家物件見学ツアーの中で、今まで記憶に残っているものや失敗したことなどはないか?との大熊の問いかけに対し、「過去のツアーの色々な失敗を思い返してみたが、これと言って大きな失敗はなかったかなと。プランナーさんにご迷惑をかけたことも無かったと思いますし、業者さんにもそんなに大きな失敗は無かったかなと。」と返す濱村さん。

神戸ツアーは人気のため失敗が多発することはそうそうないのです。濱村再生士は所属するReFactoryとして3地域で古家物件見学ツアーをやっていて、天王寺、尼崎、神戸などで経験値があり、会社としてのバックアップも強いのです。濱村さんは毎月3回ツアーに参加しています。

記憶に残っている面白いこと

大熊「またこれ休みがなくなってきますね。わかりました。記憶に残っている面白い事が起きたとか、そんな事はないですか?」

濱村「色んな事が日々起こる世界ではあるんですが、特に面白かったと感じたのは古家再生の工事を始めるにあたって、私は物件に“古家再生プロジェクト”という看板を掲げています。古家再生の工事をやっていると近所の方に認知していただけるような看板です。あと“入居募集中”という看板、“空き家相談窓口”という看板。この3つの看板を付けるようにしているんですが、看板を付けていたら後ろを通り掛かったフリーペーパーを配っているアルバイト、パートの方に“お兄ちゃん古い家の何かをやっているの?”と声掛けをいただきまして。“そうなんですよ。これがこうで…”と説明しましたら“実は俺は家を1軒売りに出してるんだ”と…」

大熊「その方が持ち主なんですか?」

濱村「そうなんです。後々わかったんですけど、その方が売主だったんですよ。」

大熊「へー!」

濱村「うちの父親と同じくらいの60~70代くらいの男性だと思いますが、その方から「実はこの前契約がほぼほぼまとまっていたのに前日に破断になった。なので売る準備はしっかりできているんだけど、一度家を見てもらえないか」って言われたんです。」

それから濱村さんは後日男性の案内で家の中を見ました。売るという段取りをするにあたって不動産屋の話をしていたため、媒介契約次第では買い主を自分で見つけることができないケースがあり、それではいけないということで契約を見せてもらうことにしました。契約は一般媒介だったため、自ら買い主を見つけることも可能なため、業者さんに一報入れていただいて自分で買い主を見つけましたと言ってくださいね、とお伝えし、ツアーでご紹介することができました。その物件は成約したというありがたい話がありました。

ちなみにその物件の元々の金額は100万円でしたが、不動産業者からは経費を差し引くと売主の手元にお金が残らない契約にされていたため、直接取引することで売主の男性にもメリットがあることになります。

神戸の古家投資の状況

大熊「なるほど。Win-winで協会の理念にも通じていますね。じゃあ神戸の古家投資の状況をちょっと簡単にご説明いただけますか?」

濱村「神戸の古家再生の投資状況でいいますと、先ほどツアーが2020年から始まったとお伝えしましたが2020年の1年間と2021年の1年間。昨年と一昨年、全古協のトータルの再生士さん全員の中で、2番目に多い軒数を、濱村再生士として2年連続軒数の賞を全古協さんからいただくことができる軒数でした。ざっくり言いますと年間30軒ほどの再生軒数という形で、2019年は約30軒、2020年も約30軒、2年間で60軒ほどです。今年に入りまして11,12件ほどなので今70数軒という所が神戸エリアでの物件の実績です。」

大熊「なるほど。それでいくと×4倍、× 5倍みたいに見に行っていたらそれは見ていない物件は無くなりますよね(笑)」

濱村「そうなんですよ(笑)本当によく見ているんですよね。この前業者さんから電話がかかってきて「どこどこの物件に濱村さんおられましたよね?」と言われました(笑)業者さんから見られていたという。世の中的には最近物件が買いづらいなと雰囲気になりつつあるんですが、この事実の軒数としては神戸エリアでは買えているというのがこの約3年間の実績ではあります。」

今後狙っていきたいエリアは?との質問に対しては、三宮がある中央区よりも西のエリアをメインにやっているとのこと。垂水区、須磨区、長田区、兵庫区の4つのエリアを中心に活動していて、大都会の中央区はまだ1軒も再生できていない状況です。

高級住宅街がある灘区と東灘区も1軒ずつある状況です。灘区と東灘区については、通常は提案しない利回り9%や10%くらいの物件ばかりを集めてツアーをするというのも面白いかなとのこと。資産性が高くなりますからね。

まとめ

今回は濱村さんに神戸の事情などについて語っていただきました。今後も色々とチャレンジしていくとのことですので、投資家の皆さんも準備をして臨みましょう。

以上説明した内容については以下動画でも解説しています。

良かったら以下よりご覧ください。

https://zenko-kyo.or.jp/youtube/vol-3-4/


POST: 2022.12.25

関連情報
2023.01.29 【事例】空き家ってこんな値段で買えるの?@中部地区エリア
2023.01.23 【驚き】工事中に入居が決まる物件とは?空き家の再生事例をご紹介@中部地区エリア
2023.01.23 【事例】表面利回り22.9%の空き家の再生事例をご紹介@中部地区エリア
2023.01.18 【健美家連載コラム】初心者でも利回り12-15%を実現できる空き家再生投資のノウハウとは?
2022.12.25 空き家投資を今すぐ始めるべき理由とは?
2022.12.25 【取材】古家再生士(R)あるあ!の話とは?
2022.12.15 【対談】3エリアの古家再生士Ⓡとの合同対談「こんなところに賃貸需要あるんですか?」@中部地区エリア
2022.11.22 【取材】神戸の古家再生士Ⓡに聞く神戸ツアーの特徴とは?
2022.11.22 【解説】管理会社を上手く活用する方法とは?
2022.11.5 【解説】FXや株式より不動産投資をお勧めする理由とは?
2022.11.5 【納得】管理会社社長に聞くマンション投資と空き家投資の違いとは?
2022.11.5 【事実】管理会社社長に聞く全古協の物件管理の実態について
2022.10.2 【ノウハウ】物件に最短で入居者をつける方法とは?
2022.10.2 【解説】大家業で“若返るストレス”を獲得する方法
2022.09.20 【解説】マクロ経済を空き家活用の専門家の観点から考える
2022.08.31 【解説】飲食店経営者のための空き家古家再生投資とは?
2022.08.25 【解説】工事費の高騰がもたらす空き家再生投資への影響とは?
2022.08.25 【解説】家賃収入で老後の年金を作るための簡単3ステップ
2022.05.31 【注目】空き家投資で注目されている熊本が熱い理由とは?
2022.05.31 【保存版】空き家投資、実質利回りの算出方法とは?
2022.05.21 【重要】借金をせずに1億円の資産を確実につくる再現性100%の情報
2022.05.9 いよいよ突入したインフレ時代に備えるための空き家投資について
2022.05.9 空き家でも人気物件になる「機能○○」について
2022.04.18 【解説】「人生100年時代の鍵を握る空き家再生投資」について
2022.04.12 【解説】「不動産業界の全体像を知ることの大切さ」について
2022.03.17 【解説】書籍「儲かる!空き家・古家不動産投資入門」について
2022.03.17 【解説】三国志から学ぶ経営戦略と不動産事業について
2022.03.16 【解説】大人気の「空き家・古家物件見学ツアー」とは?
2022.03.1 【解説】新規事業と空き家再生投資の共通項とは?
2022.02.16 【解説】マイナスの塊である空き家…。それでも投資をする理由とは?
2022.02.14 【解説】空き家再生投資で成功するための、適切なリスクの取り方とは?
2022.02.9 【解説】サバンナ思考で考える空き家・古家再生投資の成功法則とは?
2022.02.5 【解説】多様な働き方への変化がもたらす空き家投資の新たなチャンス
2021.12.11 【解説】空き家再生投資でDIYをしてはいけない理由とは?
2021.12.9 専門家が教える「空き家投資で利回り25%超えをする方法」とは?
2021.11.25 税優遇の取り消しが引き起こす新たな空き家投資のチャンスとは?
2021.11.7 【新事実】これからの市場を動かす!「眠る空き家」とは?
2021.10.16 アフターコロナに備えよ!民泊ブームに乗る方法とは?
2021.10.14 【理事長が解説】空き家・古家再生のエキスパート「古家再生士Ⓡ」とは?
2021.10.4 【保存版】空き家再生投資での管理会社の選び方
2021.09.24 【危険?どんな人?】空き家投資で失敗する人の5つの特徴とは?
2021.09.17 【どんな人?】空き家物件を1軒も買えない人の5つの特徴とは?
2021.08.10 【恐怖!?】空き家投資用の物件を購入する時に気になる「事故物件」について詳しく解説
2021.08.5 空き家投資と法人設立|お得なのはどっち?〜法人の種類や運用法についても解説〜
2021.03.6 空き家投資のポートフォリオでリスク分散しませか?
2021.03.6 貯金を殖やしても楽にならない理由とは?資産を持つことのススメ
2021.03.6 不動産投資の難易度をグラフで解説!狙い目の物件は?
2021.02.14 空き家・古家再生は「7つの習慣」から学ぶ【予告編】
2021.02.14 【解説】儲かる!空き家再生リフォームとは?
2021.01.21 コロナショックから考える空き家・古家不動産投資への影響
2021.01.17 なぜ?儲かる空き家物件の情報が表にでないのか?
2021.01.13 【簡単3ステップ】老後の年金を家賃収入でつくる方法とは?
2020.09.18 特に女性に「古家・空き家不動産投資」をオススメする3つの理由
2020.04.3 空き家・古家再生不動産投資でやってはいけないこと
2019.07.29 老後2,000万円不足問題を古家再生不動産投資で解決する方法とは?
2019.01.7 古家再生士Ⓡが「空き家・古家再生」で使うオリジナル機能性塗料とは?
2017.06.13 【融資で空き家・古家購入をお考えの方へ】理事長が教える金融機関の選び方と3つの条件について
2017.06.10 6月25日開催!空き家を買って、不動産投資で儲ける! の三木章裕氏登壇!スペシャルセミナー告知!
2017.04.17 相続した家を賃貸物件にする事は損する?それとも得する?
2017.04.12 【2017年度版】大阪府の空き家バンクの現状を解説
2017.04.9 相続した家を売りたくても売れないのはなぜ?このままでは空き家に・・・
2017.03.30 実家の戸建てを相続した時に確認する3つのこと
2016.10.31 株から不動産投資に代えようしている方必読!不動産投資の落とし穴!
2016.10.30 借地の不動産こそ買い!これぞ空き家(古家)再生投資の醍醐味!
2016.10.11 都市部(東京・大阪・名古屋)の空き家が多い理由
2016.07.3 【空き家再生費用が丸見え】実際にいくらかかるの?が解る勉強会開催!
2016.06.23 不動産投資は、情報ではなく、経験が大事!
2016.06.17 新入社員でも大家になれる古家再生投資!
2016.06.13 親から物件を相続!その相続物件の驚きの活用方法とは?
2016.02.29 【無料動画公開】空き家を買って、不動産投資で儲ける![三木章裕:著]
2015.11.11 空き家購入検討者(所有者)が知っておくべき固定資産税の話