専門家が教える「空き家投資で利回り25%超えをする方法」とは?

こんにちは。一般社団法人 全国古家再生推進協議会 理事長の大熊重行(おおくま
しげゆき)です。本日のテーマは「専門家が教える、空き家投資で利回り25%超えをする方法」についてです。それでは参りましょう。

はじめに

空き家投資においても、利回りという概念はとても重要です。利回りは投資を回収するのにかかる期間を計算できるだけではありません。利回りの高さというのは、ある種リスクを測るための指標でもある訳です。

どういうことかというと、例えば利回りが25%であれば、投資額を4年で回収できるのはお分かりいただけると思います。しかしその分リスクは非常に高まります。利回り25%だから4年で回収できる!と思ってもその4年の間、投資価値を維持したり、収益を維持するのが大変になるのです。

一般的に、株式の配当利回りは2%と言われています。それが、配当利回り25%の企業があったらどうでしょう。逆にその会社は大丈夫か?となるはずです。おそらく、配当利回りが25%を超えるということは、ものすごく不人気で株が売り込まれていると考えられるからです。

社債や国債でも同じことが言えますね。

当然不動産でも同じです。

しかし、重要なのは、高いリスクを取って、高い利回りを狙いにいくというのは、そのリスクをしっかりと把握した上で、対処すれば問題ないということです。そのことを念頭に置いた上で、空き家再生投資で利回り25%以上を狙っていくにはどうしたら良いのでしょうか。

借地の空き家再生投資で利回り25%超えも?

利回り25%は非常に大きい数字ですが、それを実現するための1つの方法として、ここでは借地の上に建てられた物件の空き家再生投資を取り上げていきます。

借地とは、読んで字のごとく土地を所有している地主さんがいて、その人から土地をお金を払って借りている状態です。当然、対価としてお金を払いますが、地代と言います。

借地に物件を建てる場合、土地は自分のものではなくて、建物だけを所有することになり、契約を結んで地代を払います。

基本的に、借地の上に立っている建物で、しかも古家となると、相当な安価で手に入れることが出来ます。借地の建物は自由に販売しづらく、買い手も嫌がることが多いので、言い値で購入することが可能になるケースもあるからです。知り合いから相対で買う場合など、買値がとても抑えられるケースはあります。

例えば購入費用が80万円で名義変更料が30万円、のような形で契約します。ここにリフォーム費用なども合わせた総投資額があります。総投資額に対して、どれだけ家賃が取れるか。月4万円なら1年間だと48万円になります。

古家再生投資プランナーⓇさんの実際の投資例で説明しますと、名義変更料も込みで、70万円で取得した物件を150万円でリフォームして、家賃55000円で貸し出しました。表面利回りは、なんと25.6%にもなります。地代は8000円です。

そうした例が結構な頻度であるのが借地の空き家再生投資なのです。

でも借地の物件はかなり注意しないと…

ただ、当然それだけ利回りが高いということは注意点もあります。

先ほども触れたように、借地の物件というのは安く購入することが可能になります。それは借地だと買い手が中々付かないからなのですが、その原因は条件面・契約面での制約が大きいです。

まず、こうした物件では借地契約を結んでいますから、その契約の問題があります。契約期限が過ぎたら土地を返すか更新しなければいけません。そして、購入したり取引する際には、地主さんの許可が必要になってくることもあります。また、地主さんとの契約をよく確認していなくて、契約の更新がスムーズに進まない可能性もあります。

借地の物件取引を上手くいかせるコツ

こうした問題を避け、借地の物件取引をうまく進めるためには、いくつかやらなければいけないことがあります。

まず、購入する際は、必ず地主さんと直接お話をして、承諾を取るほか、契約内容や今後についても確認しておきましょう。契約の年数を伸ばすなどの交渉もできれば行いましょう。

こうした一連の流れは、不慣れな人にとってはかなり難易度が高く感じます。そこで、全古協では経験豊富な司法書士の方に依頼をして、交渉から書面でのやり取りまでしてもらうことにしています。そうして、しっかり順序を守って取引に入ることで、より確実性が高まるのです。

まとめ

今回は、古家再生投資で25%以上の利回りを得られる例のひとつとして、借地での取引を取り上げました。利回りを高めるには、より小さい投資で家賃を取ることが必要ですが、そのための方法として借地によって売買がされづらい物件を安く買うことが挙げられるからです。しかし借地の物件を取引する際には気をつけなければいけない点が多々あります。

そうした問題をクリアして、リスクを分かった上でうまく取引を進めることが、高い利回りを叩き出すための一歩なのです。

リスクを取りつつ、しっかり取引するためには、専門家も含めて全古協のノウハウを吸収することが大事です。そうしたことも含めて今後も情報発信と投資家さんへの支援を続けていきます。

以上説明した内容については以下動画でも解説しています。
良かったら以下よりご覧ください。
https://zenko-kyo.or.jp/youtube/m/


POST: 2021.12.9

関連情報
2022.11.22 【取材】神戸の古家再生士Ⓡに聞く神戸ツアーの特徴とは?
2022.11.22 【解説】管理会社を上手く活用する方法とは?
2022.11.5 【解説】FXや株式より不動産投資をお勧めする理由とは?
2022.11.5 【納得】管理会社社長に聞くマンション投資と空き家投資の違いとは?
2022.11.5 【事実】管理会社社長に聞く全古協の物件管理の実態について
2022.10.2 【ノウハウ】物件に最短で入居者をつける方法とは?
2022.10.2 【解説】大家業で“若返るストレス”を獲得する方法
2022.09.20 【解説】マクロ経済を空き家活用の専門家の観点から考える
2022.08.31 【解説】飲食店経営者のための空き家古家再生投資とは?
2022.08.25 【解説】工事費の高騰がもたらす空き家再生投資への影響とは?
2022.08.25 【解説】家賃収入で老後の年金を作るための簡単3ステップ
2022.05.31 【注目】空き家投資で注目されている熊本が熱い理由とは?
2022.05.31 【保存版】空き家投資、実質利回りの算出方法とは?
2022.05.21 【重要】借金をせずに1億円の資産を確実につくる再現性100%の情報
2022.05.9 いよいよ突入したインフレ時代に備えるための空き家投資について
2022.05.9 空き家でも人気物件になる「機能○○」について
2022.04.18 【解説】「人生100年時代の鍵を握る空き家再生投資」について
2022.04.12 【解説】「不動産業界の全体像を知ることの大切さ」について
2022.03.17 【解説】書籍「儲かる!空き家・古家不動産投資入門」について
2022.03.17 【解説】三国志から学ぶ経営戦略と不動産事業について
2022.03.16 【解説】大人気の「空き家・古家物件見学ツアー」とは?
2022.03.1 【解説】新規事業と空き家再生投資の共通項とは?
2022.02.16 【解説】マイナスの塊である空き家…。それでも投資をする理由とは?
2022.02.14 【解説】空き家再生投資で成功するための、適切なリスクの取り方とは?
2022.02.9 【解説】サバンナ思考で考える空き家・古家再生投資の成功法則とは?
2022.02.5 【解説】多様な働き方への変化がもたらす空き家投資の新たなチャンス
2021.12.11 【解説】空き家再生投資でDIYをしてはいけない理由とは?
2021.11.25 税優遇の取り消しが引き起こす新たな空き家投資のチャンスとは?
2021.11.7 【新事実】これからの市場を動かす!「眠る空き家」とは?
2021.10.16 アフターコロナに備えよ!民泊ブームに乗る方法とは?
2021.10.14 【理事長が解説】空き家・古家再生のエキスパート「古家再生士Ⓡ」とは?
2021.10.4 【保存版】空き家再生投資での管理会社の選び方
2021.09.24 【危険?どんな人?】空き家投資で失敗する人の5つの特徴とは?
2021.09.17 【どんな人?】空き家物件を1軒も買えない人の5つの特徴とは?
2021.08.10 【恐怖!?】空き家投資用の物件を購入する時に気になる「事故物件」について詳しく解説
2021.08.5 空き家投資と法人設立|お得なのはどっち?〜法人の種類や運用法についても解説〜
2021.03.6 空き家投資のポートフォリオでリスク分散しませか?
2021.03.6 貯金を殖やしても楽にならない理由とは?資産を持つことのススメ
2021.03.6 不動産投資の難易度をグラフで解説!狙い目の物件は?
2021.02.14 空き家・古家再生は「7つの習慣」から学ぶ【予告編】
2021.02.14 【解説】儲かる!空き家再生リフォームとは?
2021.01.21 コロナショックから考える空き家・古家不動産投資への影響
2021.01.17 なぜ?儲かる空き家物件の情報が表にでないのか?
2021.01.13 【簡単3ステップ】老後の年金を家賃収入でつくる方法とは?
2020.09.18 特に女性に「古家・空き家不動産投資」をオススメする3つの理由
2020.04.3 空き家・古家再生不動産投資でやってはいけないこと
2019.07.29 老後2,000万円不足問題を古家再生不動産投資で解決する方法とは?
2019.01.7 古家再生士Ⓡが「空き家・古家再生」で使うオリジナル機能性塗料とは?
2017.06.13 【融資で空き家・古家購入をお考えの方へ】理事長が教える金融機関の選び方と3つの条件について
2017.06.10 6月25日開催!空き家を買って、不動産投資で儲ける! の三木章裕氏登壇!スペシャルセミナー告知!
2017.04.17 相続した家を賃貸物件にする事は損する?それとも得する?
2017.04.12 【2017年度版】大阪府の空き家バンクの現状を解説
2017.04.9 相続した家を売りたくても売れないのはなぜ?このままでは空き家に・・・
2017.03.30 実家の戸建てを相続した時に確認する3つのこと
2016.10.31 株から不動産投資に代えようしている方必読!不動産投資の落とし穴!
2016.10.30 借地の不動産こそ買い!これぞ空き家(古家)再生投資の醍醐味!
2016.10.11 都市部(東京・大阪・名古屋)の空き家が多い理由
2016.07.3 【空き家再生費用が丸見え】実際にいくらかかるの?が解る勉強会開催!
2016.06.23 不動産投資は、情報ではなく、経験が大事!
2016.06.17 新入社員でも大家になれる古家再生投資!
2016.06.13 親から物件を相続!その相続物件の驚きの活用方法とは?
2016.02.29 【無料動画公開】空き家を買って、不動産投資で儲ける![三木章裕:著]
2015.11.11 空き家購入検討者(所有者)が知っておくべき固定資産税の話