Movie 全古協TV

貯金を増やしても楽にはならない理由とは?


(以下、今回の動画の書きおこしです。※動画を見られない!って方はこちらをご覧ください。)


あなたの投資で社会が良くなる!一般社団法人 全国古家再生推進協議会 理事長の大熊です。今日のテーマは「貯金を殖やしても楽にはならない!」と。

お金を持ってるだけでは楽にならない、というのは、いくらお金があろうと、使うとなくなっちゃうんだね。
人によって多い少ないは、人によって違うんですけども、なくなる不安ていうのは常に残っていると。

「日本の個人金融資産、1800兆円のうち、半分が現金である」というような事実ですね。
ちなみにヨーロッパのドイツ、フランス、英国などは大体20~30%ぐらいらしいです。
そして米国は13%しかないと。

いわゆるお金を置いとくわけじゃなしに、どんどん運用していくよということが世界標準であるということですね。

これには理由があって、日本の仕組みと歴史上の流れという形で、まあ手厚い年金制度って言うね、しっかりしてるって言う事があったり、あるいは終身雇用、そして退職金等があったので、非常に日本はね、そういった意味では、投資をわざわざするという、あまり必要に駆られなかったという事だと思います。

ですからある意味日本は非常に幸せやったと。いうことですね。ただし、これからは、あるいはもうね実際そういう時代には入ってるんですけども、なかなか大きい現金をね。持ってるだけではダメだということです。

我々はバブル世代ではあるんですけどバブルのときは7%8%みたいなね、金利がついてたんですよ。
お金を預けるだけで、それがもらえたっていう形ですけど、今やね、0.1から0.0なんぼという金利なんで
本当にお金は置いていくだけでは維持するあるいは減っていくっていう状態になります。
ですから、それを有効活用することが求められる、あるいは、必須になってるんじゃないかと思います。

そして収入を三つに分けると、労働と経営と資産というふうな言い方は、多少違ったとしてもこの三つにわかれます。
一つ、労働というのは、自分で働いて、汗をかいて、そして収入を得るというような形です。

それから、経営というのは、そういう働く方を使って収入を得るというような形です。この経営いわゆる、形は違うけどやはり労働は労働なんですね。人は使うんですけども経営者が楽かというとそうでもないです。僕もそうですけども、結構働いてるんです。だけど人を使うことによって、大きな生産性を上げれると。

そしてここです。
資本主義経済の中でゴールと言ってもいいかもしれないですね。資産でお金を生む。お金でお金を生むっていう形があるんですけれどもそれは、ここです。要は労働もしなくて、生まれてくるお金って形になります。

まあ、資本主義経済の中では、人が収入を得るか、人を使って、それからお金を使ってという、この流れ、これはですね、どんどんこっち側に行く方が、資本主義の頂点というような形になってきます。
どういうことかって言うと、資産があれば、この経営者を雇ってビジネスをすることもできますし、もちろんね、労働者を雇って、やることもできるということになっていきます。
ですから、(資産が)一番上ということになってくるんですども、もともとその資産がない方は、ここ(労働)から始めるしかないんですね。で、働いたお金をどんどんどんどん、こちら側(資産)に比率を変えていくということが大事かなと思います。

まあ、この経営に関してはね、人それぞれ経営するしないっていう、向いてる向いてないとか、
できるできないというのがありますんで、これはもう人によって変わってきますけれども、基本的にはこの労働収入から資産で収入を得るというような形で、こっち側に行くのが理想ですよね。最終的には資産だけで、年とってから自分が働かなくてもその資産で、収入で生活ができていけるという形になるのが理想だなと思います。

ただし、注意をしておかなあかんのは、資産で収入を得るということが100%であるということが全て幸せかということはないと思います。
やはりこの経営することにやりがいがあったりとか、労働することによるありがたみ、幸せっていうのがあると思います。ですから、このバランスというのは人それぞれ違うとは思います。
全てが全て、これ(資産)が100%ってことではなく、自分の理想のバランスというのをある程度頭に入れながら、ここ(資産)を目標にしてやっていく形だと思います。

例えば私であれば、まだこの辺だと思うんですね。(経営の先端)、まあ、この辺かもしれないですね。
その辺を、ここ(資産)まで行きたいなぁと。
でもやはりね、この労働の部分を残しておきたいんだという形で、やるのであれば、70才から80才でこの辺に行きたいなあと考えてやるのが良いかなあと思います。

そして大事なのはこの時間軸なんですね、
この時間軸が長ければ長いほど、ここからここに移るのにやりやすいです。これはリスクが低く、複利という形で増えていきますので、大きくなっていくのも時間軸の長さっていうのが非常に大事になってきます。
ですから若い人、っていうのはそれだけでこの時間軸があるだけで価値があるっていうことになります。

そして、世の中は今、変わってきます。労働という部分が、ロボットとかAIとかに置き換わる時代になります。
そうすると、労働収入自体がなくなってしまう、あるいはその価値が落ちるっていうことになっていきます。

一部ですけどもロボットができない労働収入ってのがありますので、そこはそこで、価値あるものとして残っていきます。しかし、大部分のところはロボットに置き換わり、
そしてロボットよりも安ければ、労働収入としてありますよというような格差になってきます。

だから、この労働収入をいつまでもあてにして人生設計をしてるっていうのは非常にリスクが高いということです。

そしてこの経営も一緒だと思います。かなりの部分でロボットやAIっていうのが入ってくると思いますんで、そういった意味では資産に変えていって、資産がお金を生むっていう形に変えていかざるを得ないというふうな、世の中、そしてスピードが上がってるということですね。

大切なのは、お金を生み続けるマシーンを作ることですよと。要は現金というのは、置いておくだけではお金を生みませんので、永続的にお金を生んでくれるマシーンを作ることが大事ですよ。それは資本主義経済の中では資産なんですよということです。

まあ、でもかといって、今までそういったことをしてない方っていうのは、僕もそうでしたけども、すごい不安なんですね。あるいは騙されるんじゃないか、失敗するんじゃないかみたいなことがつい頭を過ぎると思います。

そういった方はね、とにかく勉強してください。
それしかないです。これはもちろん本もそうですし、動画やYoutubeというのもまあありますし、人に会って勉強するってことも全て含めて勉強してください。

そして勉強だけではダメです。まずは、行動を起こすと、投資する小さい金額でも構わないから投資して、投資することによってまた勉強ができるので、この繰り返しをすることによって、スキルとかレベルとか上がってきますので。

この古家再生でもたまに居てるんですけど、勉強をいっぱいするんですけども買えないという方がいてるんです。でもそこは一歩ね、頑張っていただくしかないかなあと思います。

そして、私の思うに資産形成・資産活用の入り口としては、この空き家再生っていうのは最適かなと私自身は思ってます。いろんなね、投資方法があるので、それが絶対とは言えませんけども、私はおすすめします。
それはやっぱり低額でできますし、非常にリスクが少なく、高利回りであるというところから、やりやすいかなと思っています。

ですから、この空き家投資を最初の入り口にしていただいて、そしてそれ以外の投資をね、色んな勉強、行動、実践をしていただいて、資本主義の頂点に少しでも近づくあるいはそのバランスをね、労働収入と資産の収入とのバランスをどんどん変えていく事が大事かなあという風に思います。

ということで、今日のお話、良かったな、参考になったなという方はこちらチャンネル登録していただいて、いいねを押していただけるとありがたいかなと。
こういった話も踏まえながら、空き家投資の話をこれからも続けていきたいと思いますので、ぜひよろしくお願いいたします。今日はおしまいです。


この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

(社)全国古家再生推進協議会の最新情報をお届けします!

最新の動画

動画カテゴリー

ホームページでは掲載できない
非公開情報を配信中!

優良な収益物件情報を
誰よりも速く入手する!

(c) 一般社団法人 全国古家再生推進協議会 . All Rights Reserved.