Movie 全古協TV

空き家・古家再生投資を7つの習慣で解説


(以下、今回の動画の書きおこしです。※動画を見られない!って方はこちらをご覧ください。)


一般社団法人 全国古家再生推進協議会 理事長の大熊です。今日のテーマは少し違う視点でお話ししたいと思います。

「空き家再生と7つの習慣」
この本、「7つの習慣」という非常に有名な本があるんですけれども、この本に私は大きな影響を受けて、それがあるからこそ今、この空き家再生やってると言っても過言ではないと思います。経営をやってるんですけども、この「7つの習慣」のおかげで、非常に経営が助かったというか良くなったというか、ひょっとしたら今、経営していなかったかもしれない。やっぱ「7つの習慣」に会わなければね、ひょっとしたら経営していなかったかもしれないです。自分の経験とかねそういったことも含めてお話したいと思います。そして、字のごとく、7つ習慣があるんですね。これ一つ一つ、説明していきたいなと思うんですけれども、シリーズ化して話をしたいかなという風に思っています。

皆さんこの空き家投資に対する参考になると思って僕はお話するんですけれども、まず今日はですね、一番目。7つの習慣に入る前に、どういう考え方があるんだということ、あるいはこの本を読んでね、考えていたことを話したいなあというふうに思います。

まず、フランクリン・コヴィーさん。2018年の時点で44ヶ国語に翻訳されて、そして全世界で3000万部売れたよと、すごいこのビジネス書で3000万部っていうのはすごいことですよね。ちなみに、有名なナポレオンヒルっていう本があるんですけど、これ全世界で7,000万部売れてるらしいです。それに次ぐようなもの、売れ方をしているということです。

そして日本でもね、200万部売れてますよ。これはね日本で有名でいくと、松下幸之助さんの「道を開く」っていう本があるんですよ、あれ450万本以上売れているということなんで、まぁそれに匹敵するような、売れ筋ですよということです。
もう読む人限られてる中でのこの3000万部っていうのはすごい記録じゃないかなというふうに、本来それだけで皆さんに影響される、あるいは経営者だけじゃなくて、人生の成功の法則、生き方そんなところに影響を与える本だというふうに思います。

そこに書いている、一番最初に書いているところに、成功の法則がありますよということが書かれています。「成功には原則があった」っていうような言い方してるんですけども、このフランクリン・コヴィーさん、経営コンサルタントなんですね。その方がいろんな研修で会う中で、
うまくいく人うまくいかない人、何が違うんだろうということを分析するようになっていきました。
そして自分は知り合った経営者だけじゃなしに、今度は過去の文献を調べてね、歴史的な人物、歴史的な背景いろんなことも全て分析したところで、成功する人は成功できない人の中で成功するには、この7つのね、習慣があり、それは普遍的ですよ、原則ですよということがわかったということで、この本を書かれたということなんです。

そしてこの成功という意味。コヴィーさんは、真の成功とは「優れた人格である」と。
例えば社会的成功であるとか表面的な成功才能などとかね、社会的な評価があるよというようなことは、成功とは言いませんよ。
この見方が変われば世界が変わる、自分のやり方も大きく変えることができるのはこのパラダイムシフトですよということです。これ私自身もそうでした。この本を読んだことによってパラダイムシフトが起こって、会社経営もそうですし、人と話しすることであったりとか、自分の考え方自体が大きく変わったのがこれですね。パラダイムシフトの瞬間とか、そういったこともこの本に書かれたりして、一つの事例として言いましょう。

あるとき電車に男の人が乗りました。そうすると前にうなだれた男の人がいて、子供たちがね、その子供が走り回ってると。私はですね、その乗った人がね、子供を注意せんのが、失礼な親だなと、親ができてないなあというふうに思ってたんですけれども、ある時話を聞くことがあって、うなだれている男の方は、今病院からの帰りなんだと。今妻が危篤になって、っていうようなお話があり、その瞬間に男の方はパラダイム転換が起きて、急にその人が可哀想になったとか。それまではなんだこの男と思ってたのが急に変わるっていうのが、パラダイムシフトなんですけれども。

要は見方が変わると、同じ事例であっても、その人によってはこう見えるけど、この人によってはこう見えるってことを、まずは認識することも大事ですし、それがなければ人っていうのは変われないんですよと。コヴィーさんは色眼鏡って言葉を使うんですけど、「色眼鏡を外す」ことが大事なんですよというようなことを言ってます。

それからインサイドアウト、人の心が開くのは中からしか鍵はないですよ、というふうに言ってます。要は外からいくら変えようとしてもその人は変わらない。中から、自分自身で変わるしかないですよというのが、このインサイドアウトのアプローチという事です。

そして、この「依存と自立」っていう話ですけども、ただ自立ということは非常に大事なんです。
その前に依存というというところを説明するのに、刺激と反応っていうね、説明だけします。例えばあの動物は、ポンと叩くとすぐに反応してくる。でも人間ってポンって叩いたときにすぐに反応せずに、一瞬考えるということができる。これは動物にない。これは人間の能力だ。って言っています。
で、ここは非常に大事なんですけども、一瞬考える刺激と反応の間にスペースを作るっていうことが、人間にとってあるいは人間の価値なんだよというようなことを言ってます。ですから、すぐに反応するっていうのはもう動物と一緒やで、っていうような言い方をしてるんですね。

いわゆる反応するということは、依存してるってことなんですね。例えば人に対してこうしてあげてるのに、何で相手は分かってくれないんだ、やってくれないんだって事があったんですけども、それって相手がしてくれない、相手にしてあげた事で相手が変わってくれないと、反応してくれないと、自分は気持ちがイライラして、腹立つ!って事になってくるんですけど
でも、それって相手に依存してるっていうことになるんですね。

で、自立した人間っていうのは、相手がどういうふうな反応になろうが、自分自身で自分をコントロールする。ですから、そこはね、自立ということは、全ての責任は自分で負うよということを表現してますね。

例えば、車にはねられて、足の骨を折ったという事に対しても、全て自分の責任だった。そういう道を通ったから悪かったんだとかね、注意をしてなかったからとか、相手の責任じゃなくて全ての責任は自分にあるんですよということに思うことによって、逆に、気持ちが楽になり、人に依存しなくなると気持ちが楽になるということがあります。だから自立というのはそういうことだということを説明しています。

そしてこの習慣っていうことが非常に大事なんですけども、習慣には三つの要素があるよというふうに言ってます。
なかなか習慣がね、続かない。習慣ができないんですよということを言われる方もいてるんですけれども、その人はこの3つの中の、何か欠けてますよというふうに考えてください。

まず1つ、知識、何をするか、目的ですね。何のためにするのか、なぜするのかっていうことが大事ですよと。
それからスキル。どうやってするか、どんな方法でするのかという事。
それからやる気。モチベーションというこの3つが揃ってこそ初めて習慣になるんですよということを言ってます。ですから習慣にならないのはどこかが欠けてるから、そこを埋めるのか、そもそもそれを止めてしまうっていうことがいいのか、そういったことを考えて下さいねということです。

で、この本、第1の習慣から第7の習慣まであるんですけれども、まずは第1の習慣、第2、第3の習慣を「私的成功」と位置づけてます。そして第4、5、6の習慣は「公的成功」ってことです。

この1、2、3の習慣は、自分。自分自身、1人っていうことですね、自分自身で習慣付けすることによって、自分の成功に繋がりますよということを言ってます。
そして、4、5、6をやることによって、自分も含めた周りの全て成功しますよと、幸せになりますよということが、「公的成功」という事なんです。

で、この「私的成功」の上に「公的成功」がありますよということを言ってます。いわゆる自分が変わらなければ、周りは変わりませんよっていうようなことなんですけども、この順番もね、非常に大事なんですね。ですから、この「私的成功」そして「公的成功」という順番で、
いくということがいいですよと。

そして「効果性」っていうことを、よく出てきます。「人・もの・金」ということを使って効果性のあることをしてくださいね。例えば人を叱ると、でも、いくら叱っても全然変わってくれないなっていう事に、それは叱る意味がないと。叱り方を変えるのか、あるいは別の方向でやるのかっていうこと。
結果が出ない限りは、そのやり方が悪いんですよっていうこと、効果性がないですよというような説明をしています。

その中のもう一つで、PCバランスっていう事を言っています。
Pというのは目的ですね。そしてPCというのは、目的達成能力という事を言います。
で、その目的ばっかりでは駄目ですし、目的達成能力ばっかりでは駄目ですよと、両方のバランスがないですよというふうことを言います。

1つ事例が出てるのが、ガチョウの卵という逸話の話。
毎日ガチョウは金の卵を産んでいるんですね。そうすると、持ち主は欲が出てきて、毎日1個じゃ足らんと、こうお腹を掻っ捌いて、その中にある金を一気に取ってしまおうということをやってしまう。で、結果的には金の卵はなくなってしまうよというようなお話なんですけども、結局目的のためには達成能力も育てていかないとガチョウを育てていかないと、金は増えないですよというような話なんですね。

もう一つは、木こりの話ですね。頑張ってたくさん木を切ろうと思って、頑張って汗水流しているんですけども、その刃を研がないと、どんどんどんどん効率が落ちていく。そんな話もありました。

この目的と目的達成能力のバランスが大事ですよということを言ってます。そして私的成功により、充実した気持ちに満たされますよ、そして公的成功によって人間関係が改善され、再新再生により真の自立、相互依存の土台をつくることができますよと。最終的にはこういうことになりますよと、いうことですね。

非常にこの「7つの習慣」っていうのは、中身がわかりやすく、いろんな事例が出てね、わかりやすくなってるんですけども、奥が深いというのか、何回読み返してもいろんな気づきがあるというのがこの本です。今回はこのへんで終えときます。これどんどん話すとね、切りがないぐらいにいっぱい話が出てくるので、またの機会でするとして。

次からいよいよ第1の習慣から入ってきますんで、このシリーズもし興味ある方はね、楽しみに待っていただければ、この空き家投資のね、他の話の合間合間に、こういうことを入れてきたいなぁと思っています。でこの習慣があることによって、空き家投資っていうのは、僕自身はね、うまくいったと思ってますんでね、そういった話も今後、話を進めていく中でね、やっていきたいなと思っています。

では、今日のお話興味があるなという方があれば、チャンネル登録と、そしていいねもしていただければ嬉しいです。もしそして、7つの習慣についての質問等、もしあればね。コメント欄に書いていただければ、気づけば、お返事も書かさせていただきたいなというふうに思います。今日のところはこれで終わりです。ありがとうございました。


この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

(社)全国古家再生推進協議会の最新情報をお届けします!

最新の動画

動画カテゴリー

ホームページでは掲載できない
非公開情報を配信中!

優良な収益物件情報を
誰よりも速く入手する!

(c) 一般社団法人 全国古家再生推進協議会 . All Rights Reserved.